ケンコージョイ - からだよろこぶ健康応援サイト
ホーム 健康食品 医薬品 医薬部外品 衛生用品 コスメ 介護用品 ベビー用品 日用品 スポーツ&ダイエット ペット用品

『冷え』には塩釜蛮紅華湯株式会社製造のさふらん湯とさふらん圓

更年期かな?こんな症状ありませんか?

頭痛、のぼせ(逆上せ)、めまい、不安・不眠、腰痛・関節痛、疲労・倦怠感、足腰の冷え、どうき(動悸)など、更年期の不定愁訴といわれる不快な症状はありませんか。 ちょっとしたことですぐに額や顔、脇の下に汗をかき、のぼせてしまう、原因がわからないけど動悸がする、生理が来たり来なかったりで不規則、常に倦怠感があり疲れやすいとなどといった症状が出てくるのが更年期です。

更年期のセルフチェック

強弱評価の目安
強…普段の生活に支障をきたす程強い症状がある
中…家事や仕事に時々支障をきたすことがある
弱…普通の生活において問題ないが、不快に思う

更年期は個人差が大きく年齢もまちまちです。症状が少しでも見られる方は 更年期を軽く乗り切るための早めの生活改善をお薦めします。

更年期のメカニズム

古くより更年期症は「血の道」といわれ、東北大学医学部九嶋勝司教授は「血の道」について体内を巡っている血液が停留している状態を示す漢方独特の概念と示されました。

更に「血の道」は、女性が思春期、生理、産褥(さんじょく)、更年期などに訴える「めまい、のぼせ(逆上)、動悸、頭痛など、あたかも更年期のような症状(不定愁訴)を指すとされました。

また、一般用医薬品の効能効果に記載される「血の道」について、月経、妊娠、出産、産後、更年期及びホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状、及び身体的な症状とする旨の厚生労働省通達が出されました。

エストロゲン分泌の推移

加齢により閉経が近くなると卵巣機能が低下しエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が低下し停止してしまいます。

ホルモンの分泌をコントロールしているのは間脳ですが、エストロゲンの分泌低下によりエストロゲン以外のホルモンバランスが崩れ、これが引き金となって同じ間脳でコントロールされている自律神経のバランスも崩してしまうので自律神経失調となり、更年期が自律神経失調症といわれる所以です。

自律神経失調症では精神不安状態による憂うつやイライラ、不眠のほか頭痛、動悸、 息切れ、発汗、のぼせ(逆上)、めまい(眩暈)、肩こりなど不定愁訴といわれる不快な 症状が発症します。 更年期が始まる時期には個人差があり、45歳〜55歳ぐらいがその目安といえます。

更年期の改善方法

  

更年期は人によって個人差が大きく、なんの症状もなく過ごしてしまう方もいる一方、頭痛、動悸、息切れ、発汗、のぼせ(逆上)、めまい(眩暈)、肩こり、不眠など不定愁訴といわれる様々な不快症状が出てたり、ときにノイローゼ症状になってしまう方もいるのが更年期の特徴です。

  
  
冷えの対策   
更年期には精神安定と生活習慣の改善 更年期には精神安定と生活習慣の改善
冷えの対策   
  

漢方では気(気分)・血(血液)・水(体液)のバランスが崩れると病気になるといわれます。ストレスが少ない生活と、十分な食事による栄養摂取、汗をかく程度の運動が水分代謝を促進し、更年期を軽くします。

  

ただし更年期は高血圧やガン、心臓疾患などにかかりやすい年齢です。
自分で更年期と軽く判断せず専門医の診察を受けることも大事なことです。

更年期の改善には塩釜さふらん湯

古より伝わった塩釜さふらん湯は「血の道」の薬、婦人の妙薬として現代まで飲み継がれてきました。「血の道」は月経、生理に関係する病態の総称ととらえると年齢に関係なく現れるもので、更年期症に似た症状と考えられます。 閉経から更年期に至る事前に、婦人保健薬として塩釜さふらん湯を飲むことで快適な更年期を迎えられ、更年期の症状を軽くする効果が期待できます。

更年期の改善にはさふらん湯 和漢薬でメンテナンスさふらん湯

更年期と頭痛

ここでは日常的に経験する頭痛で、命にかかわるものでないことを前提とさせていただきますが、頭痛は重大な病気が隠されている場合もあるので、日常的な痛みか否か判断に迷ったときは必ず医師の診察を受けることをお薦めします。 頭痛は更年期の不定愁訴の症状のなかでも非常に多く、精神面から現れる更年期の不快症状で頭痛は特徴的な症状です。

更年期の頭痛は繰り返し起きます
  
偏頭痛

頭部の片側がズキズキ痛みときには痛む箇所が移動したり痛みが両側に広がったりする。

  
  
緊張型頭痛

締め付けられるような鈍痛で、午前より午後になると偏頭痛と同じような痛みが出ます。 緊張型はストレスにより引き起こされることが多く、律儀な性格と相まって、緊張したときなどに痛みが発生し更年期前後の中年女性に多いとされています。

  

これらの頭痛は繰り返し起きるので、痛み止めを飲み続けて鎮痛剤常習となって しまうことが憂慮されます。

更年期の頭痛にはさふらん圓

さふらん圓もさふらん湯と同様、産科医「遊佐快愼信春」によって創薬され、今日まで飲み継がれてきました。 「シタン末」の薬味は非常に苦く、はじめて服用される場合は特にオブラートを使い食後に微温湯で服用いただくのがお薦めです。頓服で用いる鎮痛剤同様鎮痛効果が早く現れることもさふらん圓の特徴なので慢性的な偏頭痛や緊張型頭痛の方にお試しいただきたいと思います。

さふらん圓 和漢薬でメンテナンスさふらん圓
ホームに戻る
このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を塩釜蛮紅華湯株式会社の了承なく複製、使用することを禁じます。 Copyright © SIOGAMASAFURANTO .Inc All Rights Reserved.