ケンコージョイ - からだよろこぶ健康応援サイト
ホーム 健康食品 医薬品 医薬部外品 衛生用品 コスメ 介護用品 ベビー用品 日用品 スポーツ&ダイエット ペット用品

『冷え』には塩釜蛮紅華湯株式会社製造のさふらん湯とさふらん圓

冷え性の原因について

冷え性の原因はさまざまあります。3つのタイプに分けて説明します。

足や腰が冷えるタイプ
冷えの原因

四季を通じて足先や腰が冷える。
夏でも膝掛けにソックスを履いている。
冬は耐え難い不快な冷えを感じる。
布団に入っても足先が冷えてなかなか寝付けない…などの症状が当てはまります。

最近は冷房の普及により、夏でも悩む女性が増えています。

冷え症の原因は慢性的な末梢血管の血行障害が原因なので、冷え性から腰痛、肩こり、倦怠感なども併発することが多いと思われます。

更年期による冷え性タイプ
冷えの原因は更年期

更年期の女性の多くが冷え性の症状を訴えます。冬、暖房の効いた室内にいると上半身はうっすら汗をかくのに、足先や腰は部分的に強い冷えを感じる…いわゆる「冷えのぼせ」の状態が当てはまります。更年期になると不定愁訴といわれる幾つかの不快症状が発現しますが、冷え性は更年期の特徴的な症状の一つです。

更年期(閉経)になるとホルモンバランスが乱れます。これが引き金となって自律神経のバランスも崩してしまいます。自律神経でコントロールされている末梢血管の血流が滞り、血行障害を起こして冷え性になってしまいます。

おしゃれ・ダイエットタイプ
冷えの原因はおしゃれ・ダイエット

おしゃれのために身につける、身体を締め付ける矯正下着、太ももを圧迫するストッキングの着用は血行を妨げ、末梢血管の血流を阻害し冷え性の原因になります。また、クーラーの効いた部屋で薄着やノースリーブで冷たい飲み物を飲みながら長時間同じ姿勢でのデスクワークも冷え性の原因となります。生活環境に配慮するのも冷え性改善に大切なことです。
ダイエットのため極端な食事療法(減食)で筋肉量が低下したり、必要なビタミンやタンパク質など栄養素が不足すると、冷え性になることがあります。冷たいサラダだけを摂取したり、冷えた飲み物やアルコール、喫煙なども血流を阻害し冷え性の原因となります。生活習慣の改善が必要となります。

「冷え」の原因は「お血」にあると漢方医学では考えます。

正常な末梢血管の血流は体重100gあたり1分間に60mL程度ですが冷え性の場合は20mLぐらいまで低下 し、このような血流が滞った状態を漢方で「お血」と称し、様々な原因があげられます。

冷えの原因

末梢血管の血流が滞ることが原因で起きる症状は冷え性だけに止まらず、肩こり、腰痛、神経痛、しもやけ、肌荒れなどを併発することが多く あります。症状が軽いうちに十分な手当をすることが大切です。

冷えの改善方法

  
冷えの対策

全血管の約90%をしめる毛細血管は、血液の貯蔵庫として重要な器官であり、血液を細胞に配分する働きがあります。

適度な運動(少し汗をかく程度)は熱を発生させて身体を温め、新陳代謝を促進して末梢血管の血流を良くします。

新陳代謝を円滑にすることは末梢血管の血流改善につながり、冷え性の改善につながります。

  
  
冷えの対策

生姜や大蒜、緑黄色野菜など身体を暖める食材を多く摂取することが末梢血管の血流をよくします。

一方、過度の水分摂取を抑え、飲酒や喫煙を控えることも大切です。ダイエットのための食事制限でタンパク質、ビタミン、ミネラル、脂肪の摂取不足は冷え性の原因になります。

バランスのとれた食事と生活習慣の改善を心がけることが必要です。

  
冷えの対策

入浴は、締め付ける下着やストッキングなどで圧迫され滞った末梢血管の血流を回復、新陳代謝を促進します。

まずぬるめのお風呂で冷えた足や腰を十分に暖めてください。足湯も効果大です。

身体が温まると締め付けられて滞った抹消血管の血流がよくなり、体温調節を正常な状態にもどします。
湯上がりは身体を冷やさず保温することで、安眠熟睡ができ、ストレスを解消して自律神経失調の改善に大きな効果を発揮します。

冷え性を改善するには、先ずは末梢血管を締め付けて血流が停滞する原因を除くこと。
適度な運動や入浴、足湯などで滞った末梢血管の血流を正常な状態に戻す手当をすることが重要です。

冷えの対策にはさふらん湯
和漢薬でメンテナンスさふらん湯
ホームに戻る
このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を塩釜蛮紅華湯株式会社の了承なく複製、使用することを禁じます。 Copyright © SIOGAMASAFURANTO .Inc All Rights Reserved.